いじめがネット上で加速するのは【顔が見えない事】が一因と考えられます。

小学生から大人まで、現代のいじめは“ネット上”がメイン

小学生のいじめ
現代のいじめは、小学生から大人までネット上がメインです。

 

いじめの形や活用するツールに違いはあるものの、何かしらの形でネット上でのいじめが行われています。

 

イジメの形や特徴を年代別に見ていきましょう。

 

 

小学生・中学生はLINEグループで陰湿ないじめが…

 

現代では小学生でもスマホを持つのが当たり前で、連絡手段は大人と同様にLINEがメインです。

 

クラス、学年、部活動などでLINEグループを作ることは当たり前ですが、
小学生・中学生はLINEのグループチャットにて直接的ないじめが行われています。

 

 

加害者は自分が当事者になっていることを隠そうとせず、直接名指しやグループ全員が誰のことを指しているか分かる形で誹謗中傷が行われています。

 

 

学校生活では、何かしらの形で気に入らないことがあるものです。従来は何か気に入らないことがあっても、大半は我慢する形でやり過ごされてきました。

 

現代では、学校で腑に落ちないことがあった時に、学校では直接何も言わないのに、放課後になって
LINEグループにて不満を投稿してトラブルに発展するケースが増えています。

 

 

相手と直接向き合わずに意見を伝えるLINEでは、本来であれば文句を言うのを
我慢するべきことでも、軽い気持ちで相手に意見を伝えられます

 

また、同級生が多く見ているLINEグループで賛同を得られると判断すれば、個別チャットではなくグループチャットを活用することで、加害者が優位に立とうとします。

 

大勢で1人を責める行為は気持ちを大きくさせ、結果的にトラブルに関係ない人も加害者に加担していじめを加速させているのが現状です。最近のSNS状況

 

歳を重ねるごとにSNSを活用したいじめが増える

 

中学生、高校生、大学生(専門・短大)くらいの年齢になると、SNS上でのいじめが増えていきます。

 

現代の若者はTwitterなど主要SNSのアカウントを複数所有するのが当たり前で、学校名のハッシュタグを付けるなどして、いじめを大きくしようとしてきます。

 

加害者心理では、自分が正しいと思っている気持ちをより多くの人に見てもらいたいと思うものです。

 

結果的にLINEグループなど限られた人しか見れないツールでは満足できず、SNS上にてより多くの人を巻き込んだいじめが行われるようになります。

 

SNS上のいじめは風評被害に発展する恐れもあり、いじめが深刻化すると様々な弊害が発生します。

 

社会人になると掲示板での投稿が増加

ベンチに座る女性社会人になるとLINEグループやSNSの本アカを使ったイジメが減る一方で、2chや転職系口コミ投稿サイトなど匿名掲示場を活用したいじめが増えます。

 

社会人によるネットいじめは、管理職や教育係、経営者など仕事の現場をリードする人が被害者のターゲットになりやすいです。

 

加害者は被害者を陥れようとするだけではなく、不満の原因を作る被害者に適切な対処をしない会社に対しても不満をぶつけようとしています。

 

結果的に、ネット上のいじめが発生する職場は、就職希望者や取引先からも悪い印象を抱かれる
風評被害が発生して、売上や優秀な人材の確保に大きな影響を与えます。

 

年代を問わずネット上のいじめには関わらないようにする

 

年代を問わずネット上のいじめ被害に遭う人の多くは、過去に何かしらの形でネットいじめの加害者側に回ったり、ネットいじめに対してネット上で反論する共通点を持っています。

 

加害者・被害者双方の立場で、ネットいじめに関わることは将来的に自分の立場を悪くする可能性があります。

 

他の人がネットいじめを受けていても首を突っ込まないようにして、自分が被害者になった時は
ネット上での反論ではなく教師や職場の管理者に相談して対処してもらいましょう。

 

学生や社会人、年代によっていじめのスタイルは違っても対処・予防法に大きな違いはありません。

 

ネットストーカーの実態とは?

ページの先頭へ戻る