投稿する前に一度寝かせる

SNSへの投稿を思いとどまる女性

SNSへの投稿などを通じて炎上を回避するためには、投稿する前に一度寝かせる方法がおすすめです。
下書きをしてすぐに見直すだけではなく一度寝かせてから再確認することで、炎上のキッカケになる発言をするリスクを回避できますよ!

 

確認用アカウントを作る

影響力の大きい芸能人やユーチューバーなどの配信者がよく行っている手法では、投稿用の非公開アカウントを作って投稿します。
そして1日など一定時間寝かせてから、非公開で投稿した内容を読み返して、問題なければ本アカで投稿する流れです。
下書きではなく実際に投稿した画面を確認することによって問題点を発見しやすくなるので、TwitterなどのSNSをやっている方は是非活用してください。

このほか、LINEへの投稿を見直すテクニックでは、自分1人のグループを作って仮投稿する方法があります。
メッセージを送る相手の気持ちになって、不快にさせる要素やもっと良い表現がないのか見直してみてください。

 

修正が必要なら再度寝かせる

投稿する前に一度寝かせて読み返した結果、修正しないと問題がある内容だった場合は再度寝かせることをおすすめします。
問題のある内容は、その場の修正でも完全に炎上リスクを回避できないことが多いです。
修正した場合は再び寝かせて読み返しを行い、修正する問題点がなくなったタイミングで投稿しましょう。

 

投稿内容を見直すポイント

投稿内容を見直す際にチェックするポイントをまとめました。
相手の気持ちになることに加え、読み手に誤解を与えるリスクを入念にチェックしましょう。

炎上リスクを天秤にかけてスマホを見つめる女性

 

読み手の気持ちになる

投稿したメッセージや画像を見る人の気持ちになって、気分を害する内容がないかチェックしてみてください。
仮に自分へ対するメッセージや自分に該当することで、似たような内容の投稿をされた場合にどう思うか考えることが大切です。

 

メッセージでいいのか考える

メッセージでのやり取りは感情が伝わらず、相手に誤解を与える恐れがあります。
ケンカした相手との仲直りやトラブルになっていることへの弁明などは、メッセージよりも実際に会って話をするか電話で伝えた方がいいでしょう。
本当にメッセージでのやり取りで済ませていい内容なのかよく考え、怒っていない気持ちや反省した気持ちを伝えたい場合は、メッセージ以外の連絡手段を検討してください。

 

自分のメリットを考える

匿名で愚痴や不満を投稿するなどの行為は、一見ストレス解消になるように見えて新たなストレスを抱える要因になることが多いです。
投稿した後のコメントや反響が気になってしまうような方は、ネット上で発信したいことがあっても我慢した方がいいかもしれません。
投稿することで自分自身へのメリットや得があるのか冷静になって考え直してみてください。

 

過去に似たような内容を投稿した結果、反響が気になって小まめにコメントの有無を確認した経験や、否定的な内容のコメントを見て嫌な思いをした経験がある場合は注意が必要です。
一度寝かせてから投稿する際は、過去と同じ過ちを繰り返すリスクがないか考えてみましょう。

ページの先頭へ戻る